管理業務主任者は管理会社に委託された仕事をするのに対し、マンション管理士は管理もしますが、マンション居住者の生活が快適になるようにアドバイスをする仕事もします。 つまり、マンション管理士と管理業務主任者には、業務内容に少し違いがあるということです。 マンション管理士はマンションを利用する人寄りの専門家であり、管理業務主任者はマンションを適正に管理する専門家ということができます。 それに、マンション管理士の場合にはマンション管理組合と直接契約を結びますが、管理業務主任者はマンション管理組合からマンション管理会社が委託されたマンション業務を行うのです。 そもそも、マンション管理組合は、マンションに居住する人たちで成り立たたせる組織をいいます。 しかし、実際には、マンションに居住する人たちでマンション組合を作って運営するのはとても難しいでしょう。 そこで、多くの場合は、マンション管理会社に業務を委託しているわけです。 また、管理業務主任者はマンション管理会社に勤務するのが普通ですが、マンション管理士は独立開業をすることが可能だという点も違います。